So-net無料ブログ作成
検索選択

活字馬鹿≒道楽 [本・CD・DVD]

相変わらず体調は悪く、ストレスからくる胃痛に悩まされている。

それから、椎間板損傷からくる腰痛。 まぁ、仕方がない。

専業主婦というのもやろうと思えば座る暇もないほどに忙しい。

おまけに夏休みの最終週。 ということも手伝って

珍しくパソコンからも離れ(?)読書に明け暮れる日々が続いている。

断っておくが、読書の時間を捻出しているのであり、

サボっているのでは無い(キッパリ)

 

まだまだ読みたい本が積ん読状態(苦笑)

とりあえず今は『白洲正子自伝』を読んでいる(もう数頁で終えるが)。

毎日少しずつなのでハッキリ言ってここまでボロボロにしてしまった文庫本は初めて。

白洲正子自伝 (新潮文庫)

白洲正子自伝 (新潮文庫)

  • 作者: 白洲 正子
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 1999/09
  • メディア: 文庫

 

事の発端は数年前に見たNHKドラマの『白洲次郎』

あの時代にこんな人物がいたのかと目からウロコだった。

現在存命だったら、いったいどうしたであろう?

(原発推進派だったようだがそれもわかる内容)

それから関連書物を読み漁っている。

 

白洲次郎 占領を背負った男 上 (講談社文庫)

白洲次郎 占領を背負った男 上 (講談社文庫)

  • 作者: 北 康利
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2008/12/12
  • メディア: 文庫

白洲次郎 占領を背負った男 下 (講談社文庫)

白洲次郎 占領を背負った男 下 (講談社文庫)

  • 作者: 北 康利
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2008/12/13
  • メディア: 文庫

 

風の男 白洲次郎 (新潮文庫)

風の男 白洲次郎 (新潮文庫)

  • 作者: 青柳 恵介
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2000/07
  • メディア: 文庫

 

白洲次郎と言えばネイティブなブリティッシュイングリッシュで

占領軍と対等に渡り合った強者で知られており、

その妻である随筆家の白洲正子もまたアメリカへ留学し英語に堪能であった。

幼い頃からお能の世界に浸り、また、のちには佳きものの本質を見極められるほどの

素晴らしい人物である。

しかしながら傑作なのは彼らの愛娘が著した『次郎と正子』である。

次郎と正子―娘が語る素顔の白洲家 (新潮文庫)

次郎と正子―娘が語る素顔の白洲家 (新潮文庫)

  • 作者: 牧山 桂子
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2009/11
  • メディア: 文庫

関連本で心底笑ったのはこの本だけである。

それほどギャップがありすぎる二人なのだ。

本当に面白かった(笑)

 

それからこれはまだ深く知らない私が白洲正子入門にはこれかな、

といった感じで選んでみたものだ。

他にも気になる著書は数多い。

まずは冒頭で紹介させていただいた『白洲正子自伝』。

これは外せないであろう。

実は彼女の自伝も面白かった(数十頁で終わるところではあるが)

金平糖の味 (新潮文庫)

金平糖の味 (新潮文庫)

  • 作者: 白洲 正子
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2010/10
  • メディア: 文庫

いまなぜ青山二郎なのか (新潮文庫)

いまなぜ青山二郎なのか (新潮文庫)

  • 作者: 白洲 正子
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 1999/03
  • メディア: 文庫

以下に紹介するのは秩父宮妃殿下の自伝である。

正子の自伝に「これはあちらに書いてあるので割愛させていただく」

という言葉ばかりが並んだところがあり気になってしまい

絶版のところ中古本を購入した次第。

これが面白くなかったらあの世で白洲正子さんにお会いできた折には

文句を言って差し上げましょう(笑)

銀のボンボニエール―親王の妃として (講談社プラスアルファ文庫)

銀のボンボニエール―親王の妃として (講談社プラスアルファ文庫)

  • 作者: 秩父宮 勢津子
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 1994/12
  • メディア: 文庫

 

随分と浪費したものである(苦笑)

道楽というものはこういうことを言うのだろう。

 

 

ただ、私はもしかしたら『能』の世界に魅力を感じているかもしれない。

『能』の世界を描いた漫画も読んでいるからかもしれないが。

それはこちら

花よりも花の如く (1) (花とゆめCOMICS)

花よりも花の如く (1) (花とゆめCOMICS)

  • 作者: 成田 美名子
  • 出版社/メーカー: 白泉社
  • 発売日: 2003/07/05
  • メディア: コミック

 

 

 

しかし困ったものだ。

最近日本人なら着付けくらいできなければ、とか

書道や、茶道など嗜んでおかなければと、やたらと『和』に近づきたい自分がいる。

いや、実は若い頃からそういうものに興味はあったのだが・・・。

〇〇の手習いということで、書道でも初めてみましょうか?

 

 

参考までにこちらもどうぞ。

NHKドラマスペシャル 白洲次郎 DVD-BOX

NHKドラマスペシャル 白洲次郎 DVD-BOX

  • 出版社/メーカー: Happinet(SB)(D)
  • メディア: DVD

白洲正子の世界 ~かくれ里~ DVD-BOX

白洲正子の世界 ~かくれ里~ DVD-BOX

  • 出版社/メーカー: NHKエンタープライズ
  • メディア: DVD


nice!(15)  コメント(7) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 15

コメント 7

たいへー

となると、私は音楽馬鹿でありますね。^^;
by たいへー (2011-08-26 08:08) 

まつき

頑張って時間作らないと読めないですもんねーー(>_<)
そうそう! 決してサボリなわけないです~~!(^^)!
by まつき (2011-08-26 13:27) 

きぃ*

ゆゆちゃん、こちらではお久しぶりです。
本当に本当に、色々ありがとうございました。
今度はぜひともSkype だね!!
これから ゆゆちゃんの過去記事、拝見させていただきますね。
ゆゆちゃんもどうぞお身体大切にね…
by きぃ* (2011-08-27 17:25) 

ゆゆ

>たいへーさん
ふふふ。そうなりますね(笑)


>まつきさん
読書って時間を作らないとダメなんですよね。
それは録画したビデオを見るのも同じなんですよ~
これだけは「ながら族」ができないんですよね


>きぃ*ちゃん
こちらこそ本当にありがとう。
色々お話聞いてくれてありがとう。
お互いに労わりながらいきましょう。




by ゆゆ (2011-09-12 08:47) 

ゆゆ

ご訪問&nice!をくださった皆さま ありがとうございました。
by ゆゆ (2011-09-12 08:51) 

みほ

>ゆゆ様
アイコンが素敵なので、訪問させてもらいました。
専業主婦といっていますが、文章が、男言葉で驚いています。
お体大切に!
by みほ (2011-09-15 05:42) 

ゆゆ

みほさん
ご訪問、コメントありがとうございます。
アイコンはご存知かと思いますが、オリヅルランの花です。
今はこのアイコンに落ち着いています(笑)

>文章が、男言葉

そうですか(笑)
正真正銘専業主婦ですよ♪

by ゆゆ (2011-09-15 17:21) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。