So-net無料ブログ作成
検索選択
前の7件 | -

2016-07-11 [日々の出来事]

長女に続き次女も高校3年生の一学期半ばでリタイア。

血圧(上が60)状態で学校へ通うのも無理。

通信制の高校へ転校しました。

母の一周忌の準備と並行して次女の転校手続き、父の病院通い、等々。

すべてがとりあえずひと段落したときから寝込む日々が続いています。

でも、もう立ち直らなければ・・・そろそろ。

また私が踏ん張らなければ。

やせ細った父、母が生きていた時とは見る影もないほど雑草だらけの庭。

夫婦の力ってすごい。

二人だから二人以上の力が出せたんだな。

生まれてくるときは一人。

そして死ぬ時も一人。

いまだに母の死を受け入れられない自分。

現実を受け入れ懸命に生きている父。

私がめげてどうする?

父と母の娘の私がこんなことでは申し訳ない。

アクセルを少しずつ踏み込もう。


nice!(4)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

2016-04-08 [家族のこと]

   昭和ひと桁、男親の一人暮らしって

   やはり疲れるみたい 

   毎日入っていたお風呂も 疲れるからと(風呂掃除など)

   入っていない様子・・・

   どうしよう・・・わからない 

   誰にも相談できない・・・


nice!(4)  コメント(1) 
共通テーマ:日記・雑感

2016-03-12 [家族のこと]

季節が逆戻りし

一面の雪景色、そして降りしきる雪の中で

母の納骨をしました。

あぁ、住み慣れた我が家からから離れたくないのかなぁと思いつつ

遺骨が無くなるということが

これほどまでに辛いものだとは思いもせず。

 涙にくれた一日でした。

お母さんお父さんを見守ってくださいね。

私も頑張ります。


nice!(2)  コメント(1) 
共通テーマ:日記・雑感

2016-02-27 [日々の出来事]

 結局、無理がたたって

長女は専門学校をやめることにしました。

うつ状態が長く続きすぎました。

毎日寝て過ごしています。

私も父のことで罪悪感を感じて身体が動きません。

親孝行ってなんだろう?


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

寒中お見舞い申し上げます [日々の出来事]

年が明けてしまいました。

去年のお正月は母も元気でその時間が続くと思っていたのに

半年経ったら物凄い運命の渦に巻き込まれてしまいました。

そして年が明け、もうすでに2月。

時間は確実に過ぎているのに

心は現実についていけず

年老いた父が人生で一番頑張っているのではないかと思える毎日。

続きを読む


nice!(9)  コメント(1) 
共通テーマ:日記・雑感

2015-12-25 [日々の出来事]

母が亡くなって半年経ちました

お墓がなかったので

その手配から何からすべて私が仕切ってきました。

父のデイサービス利用開始

配食サービスの開始

一人っ子だったららくだったな

下手に兄弟がいると頼りたいのに頼れない状態でいると変なストレスが溜まって

メンタルがズタズタになりますね

納骨やら、開眼やら坊さんは本当にお金取りますね。

ありがたみも何も感じなくなる自分が悲しくなります

ちゃんと成仏するのだろうか

お寺も企業化しているのだから

もう、宗教法人からも税金がっつりとったほうがいいかもね。

あ、でもそうすると檀家制度だからお布施の値が吊り上がるんだw

笑える時代だわねぇ・・・・・


nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

2015-12-23 [日々の出来事]

10代の娘たちがまぶしく見えます

青春という

キラキラ輝いた時間

本人たちは気づいてはいない

時間は流れていることを知ってはいるけれど

いづれその時が来ることをわかってはいるけれど

それでもその輝いた時間が過ぎ去った時に

改めて『老い』という現実と向き合うのだ

本当に人生というものは

長いようで短い

そして、しかしそれは

親から子、子から孫、そしてその先へと続いていく

母の死によって

家族、人間、社会、環境

様々なものに対する

感じ方が敏感になったような気がする

とにかく

娘たちが眩しい・・・


nice!(1)  コメント(1) 
共通テーマ:日記・雑感
前の7件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。